ニオイ

オヤジ臭「加齢臭」の原因を知り予防対策で完全シャットアウト クサイおじさんは即恋愛対象外

「加齢臭」を完全シャットアウトしよう! クサイおじさんは即恋愛対象外

中高年の嫌われるニオイといえばなんといっても「加齢臭」でしょう。
イメージ的には「加齢臭=おじさん臭い」となっています。
では加齢臭とはいったい何のか、そして加齢臭を予防するにはどうしたらいいのかを見ていきたいと思います。

@50代男性は加齢臭を予防しないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
おじさんになったら加齢臭はどうしようもないだろう?
令和モテオ
令和モテオ
そんなことはない。
「加齢臭」が強い50代の男と、「加齢臭」がほとんどない50代男がいる。
それはケアしているかいないかの差、意識の差だ。
女性は男のニオイに敏感、おじさん臭い50代の男は絶対にモテない!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
加齢臭を消せるのであれば是非教えてくれ!
令和モテオ
令和モテオ
OK!

 

加齢臭の基礎知識

加齢臭とは?

加齢臭(かれいしゅう)とは、中年以降の男女特有の体臭の俗称です。
「おやじ臭」と呼ばれる場合もあります。
 

「加齢臭」の言葉自体は、2000年12月11日に、資生堂リサーチセンターにより、 高齢者の体臭の原因の一つが「ノネナール」であることが発見されたことが由来となっています。
 

以前は、「加齢臭」というと30代以降の中年男女特有の体臭とされてきましたが、2013年の11月にマンダムが30代~40代の男性特有の体臭は、「加齢臭」の主成分のノネナールとは異なることを発見し、これを「ミドル脂臭」と名付け、50代以上の体臭を「加齢臭」と区分されましたので、「加齢臭」は50代以降男女特有の体臭と定義されます。
 

加齢臭の原因

「加齢臭」の主原因は「ノネナール」です。

そして、ノネナール発生の原因となる物質の一つが「9-ヘキサデセン酸」です。
ノネナールは、男性は主に40歳代以降、女性は主に閉経後に増加傾向が見られることが分かっています。
 

ではどんなニオイなのか?
具体的にには、ろうそく・チーズ・古本のような青臭さと脂臭さを併せ持つニオイです。
 

ただし間違わなければいけないのは、「加齢臭」はノネナール単独の原因ではないということです。

確かにノネナールがニオイの主原因ですが、ノネナールに加えて汗や髪、タバコのニオイなどが混ざったことが原因になっているということす。
 

喫煙者は加齢臭がキツくなる

喫煙者の場合、非喫煙者に比べるとニオイが強くなる傾向があると言われています。
ただ、まだこのメカニズムについては解明しきれていませんが、以下のように推測することができます。

タバコを喫煙すると、体内に吸収された煙は肺に運ばれ、その肺に取り込まれた煙の成分は体内から異物と判定されます。
この時に生成した活性酸素は、脂肪酸や過酸化脂質を発生させるのでこれがノネナールと結びつきニオイが増強されるのではないとされています。

また、喫煙により血行が悪くなる結果、老廃物の排出を妨げてしまい、皮脂の悪臭を強めることになると言われています。
さらに、タバコを1本吸うとそれだけで、抗酸化作用に効果のあるビタミンCを25~100gも失うとされています。
 

女性にも加齢臭はある

「体臭=男性」「クサイ=男性」というイメージが定着していますが、実は「加齢臭」は女性にもあります。
「加齢臭」の主原因であるノネナールは、男性だけにあるのではなく女性も持っています。
 

そして、女性は主に閉経後にノネナールの増加傾向が見られることが分かっていますので、中年以降の女性にも「加齢臭」はあるということになるのです。
では何故、「加齢臭」というと男性というイメージが強いのかというと、おやじ臭などと呼ばれることもありますが、実際問題、女性より男性のほうが「加齢臭」のニオイが強い傾向があるからです。
それは、男性のほうが女性より汗や皮脂の分泌量が多いからで、体臭もそれに伴い強くなるかです。
 

女性でも女性ホルモンが円滑に分泌されている間は「加齢臭」を防ぎ止めてくれますが、閉経後は男性と同じ条件になることがあり、女性も「加齢臭」が出るようになるわけです。
閉経後の女性は加齢臭があると認識し、対策を取ることが大切になります。
 

加齢臭発生のメカニズム

人間は皮脂腺から皮脂が分泌されますが、加齢と共に皮脂に含まれる脂肪酸「パルミトレイン酸」が増加する傾向にあります。
この皮脂が空気中の酸素に触れることで酸化されます。

皮脂に含まれる「パルミトレイン酸」も酸化し、「2-ノネナール」という成分に変化します。
これが「加齢臭」のニオイの成分なのです。

 

加齢臭の発生場所

では、「加齢臭」はいったいどこからニオうのか?
「加齢臭」は、特にニオイが強い箇所があります。

従来は「加齢臭」は耳の後ろから匂うとされてきましたが、マンダムの研究結果では男性の体臭を部位別に判定したところ、耳の後ろから「加齢臭」は発生していないことが分かりました。

加齢臭の発生場所

「加齢臭」は皮脂成分が酸化されることで発生しますので、皮脂が多い胸や背中などの体幹部を中心に発生するとされています。
他には皮脂が多い頭皮などです。
 

自分の「加齢臭」を確認したい場合は、上記の部分を強く指でこすり、自身でニオイを確認してみましょう。
カビ臭い、チーズのようなニオイだったら間違いなく加齢臭です。
もう一つの確認方法は、枕や帽子、 シャツの襟や背中の部分のニオイを確認することです。
自分自身ではどうしてもよく分からないということなら、家族などに確認してもらうのも一つの方法でしょう。
 

加齢臭に関する調査結果

資生堂が、20~50代のビジネスパーソン2,400 名を対象に「ニオイ」に関する質問をした2014年の調査結果があります。

Q.他人の加齢臭を感じた経験

ある 72.8%
ない 27.2%

Q.男性の加齢臭を感じたことがある

ある 71.3%

https://www.shiseidogroup.jp/releimg/2322-j.pdf

「加齢臭」を例えるとどんなニオイか聞いた結果、男性の「加齢臭」は「脂っぽいニオイ(36.0%)」、「もわっとしたニオイ(28.0%)」が上位の回答となりました。

 

吉平光作のボディ・リフォーム戦略 加齢臭を完全シャットアウトしよう ~50代男性特有の体臭は予防できる~

令和モテオ
令和モテオ
『あの人、加齢臭がする』
そんな感想や印象を女性に持たれたら完全OUT。
「加齢臭」がするモテる50代男はいない。
「加齢臭」がするかしないかは、日頃の意識とケアがあるかないかの差。
ニオイは清潔感に直結することなので要注意。

 
では「加齢臭」はどのように予防、対策をすればいいのでしょうか?
大きく3つの方法、「加齢臭」を予防できる製品があります。
 

清潔にする

まず大前提として清潔を心がけるということです。
男性に比べて女性の方が「加齢臭」が気にならないのは、男性より女性のほうが清潔にしている人が多いからです。

入浴時に体を洗う場合、胸は体の前なので洗い易いものですが、どうしても背中は洗いにくいので洗い残しがないように注意しましょう。

「加齢臭」は服にもつきますので、体を清潔にするだけでなく服も清潔に保つようにしましょう。
夏場はこまめに洗濯するものですが、冬場になるとなかなか洗濯できない場合があります。
そのため冬用の衣類ニオイが蓄積しやすいので、洗濯できない場合は衣類用の消臭スプレーを使用するようにしましょう。
 

バランスの良い食事をする

ノネナール発生の原因である「9-ヘキサデセン酸」と過酸化脂質をいかに抑えるか。
そのために、脂質の多い食事を少なしてバランスの良い食事を心がけことです。

脂質や過酸化脂質を減らすために ビタミンCやEを多く含む食材を摂るなどして食生活を正すことです。
ビタミンCは野菜や果物、ビタミンEはナッツや魚卵類や緑茶に多く含まれています。
そういう意味で、和食を中心とした食生活がオススメです。

またタバコの吸い過ぎ、お酒の飲み過ぎにも注意が必要です。
 

ストレスをためない

人はストレスを感じると体内に活性酸素が発生します。
過酸化脂質が増えると「加齢臭」の原因物質のノネナールが増え、結果的に「加齢臭」が増える結果になりますので、日頃からストレスをためることなく発散するようにしましょう。
 

機能性香料やミョウバン溶液で予防する

9-ヘキサデセン酸の分解の抑制に酸化還元剤と抗菌剤が有効であることが分かっていますので、その効果がある機能性香料やミョウバン溶液により予防することが可能です。

消臭成分の配合されたボディソープや洗剤を使うようにしましょう。
 

 

『ん!?変なニオイがする』
若かった頃には気にしたこともなかったニオイ、「加齢臭」を周囲の人に指摘されたり自分で気づき始めるようになると、やはりショックなものです。
ただ自分の体臭は、自分ではなかなか自覚できないものです。

ですが、加齢と共にろうそく・チーズ・古本のような青臭さと脂臭さを併せ持つ嫌なニオイが発生するのが「加齢臭」です。
ニオイが原因で嫌われるということは普通にあることですから、おじさんと言われる年代、特に50代になったら「加齢臭」対策をしたいものです。

特にこの悩みは男性の方が顕著で、「加齢臭」の正体は簡単にいうと体の脂が酸化した臭い。
体の表面から臭うのなら爽やかな香りの制汗スプレーを使うという手もあるでしょうが、「加齢臭」は体内や毛穴から出てくる臭いですので、アンチエイジングの努力をして体の内面から老化を遅らせる必要があります。
 

アンチエイジング具体的方法に疎い男性が、いきなりアンチエイジングのサプリや化粧品を買いに行くのはハードルが高いかもしれません。

気軽にできる方法として、たとえば新陳代謝を促進させる効果のあるゲルマニウム温浴は、殺菌効果、発汗作用もあるので毛穴につまって酸化する皮脂に作用して「加齢臭」対策になります。
温泉に通うのは大変でも、入浴剤を買って自宅で続けるならできそうな気がしませんか?
 

また、脂の酸化を予防する栄養素をたくさん摂取するように心がけたいものです。
例をあげると、ビタミンE、ビタミンC、カロチン、リコピンなどで緑黄色野菜に多く含まれています。
 

このような加齢臭予防対策も、強い「加齢臭」の改善には即効性があまり期待できません。
直接的に加齢臭を除去するための、専門石鹸も販売されています。
毛穴にたまった臭いを元から洗い流すことに特化したもので、使ったときから翌日まで、加齢臭を気にしなくてすみます。
 

脂っこい食生活や運動不足は、加齢臭の大敵です。
高タンパクで低脂肪な和食、適度な有酸素運動で余分な脂をためこまないようにしましょう。
 

「加齢臭」のニオイはノネナールのニオイです。
ノネナールを抑制、除去する方法はありますので、しっかりと予防対策しましょう。

クサイ50代男性は確実に嫌われます。

 

ボディ・リフォーム戦略

加齢臭を完全シャットアウトしよう 50代男性特有の体臭は予防できる

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】