メンタルリフォーム

50代男性の女性への「ボディタッチ」は厳禁! セクハラで全てを失うこともある

50代男性は女性への「ボディタッチ」は厳禁!

本当に時代は変わりました。
昭和に許されたことでも、令和で許されないことが多くなりました。

その一つが「セクハラ」です。
昭和時代には、社内でおじさん社員が若い女性社員の体にタッチしながら『元気か?』『おはよう』と挨拶することが、珍しいことではなくごく普通にありました。
しかし、令和の今の時代では、アウトです。
場合によってはセクハラで訴えられたり、解雇されることさえもあり得ます。

@女性には一切触らないようにしないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
一切触れちゃいけないのか?
肩くらいいいだろう?
令和モテオ
令和モテオ
一切ダメ!
場所の問題ではない。
自分がどうではなく、相手がどう感じるかが問題なんだ。
こっち(男)が肩くらいいいだろうと肩に触れたとしても、あっち(女性)がそれを不快と思うならアウト。
それがセクハラ、それが今の時代の常識だ。
自分の考え方を一新しなくてはいけない。
昭和ダサオ
昭和ダサオ
マジか・・・
肩でもダメなのか・・・

 

セクハラの定義とは?

「セクハラ」とは、「セクシャルハラスメント」の略語です。
職場などで、特に男性から女性に対する性的・差別的な言動のことを言います。
なお、平成26年(2014)7月改正の男女雇用機会均等法施行規則で、同性に対するものも含まれると明示されています。
 

「セクハラ」は、直接的な性的な言葉に限らず、職場上の立場が絡み断りきれない状況で、相手に食事やデートに誘うことなども含まれますし、言動だけにとどまらず直接のボディタッチも、相手が嫌がっていれば当然「セクハラ」です。
 

セクハラに関するデータ

 

「セクハラ」に関する平成29年度に「都道府県労働局雇用環境・均等部(室)」に寄せられた相談件数は、6,808件です。

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000307421.pdf#search=’%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%A9+%E4%BB%B6%E6%95%B0′

なお、「セクハラ」に関して、雇用環境・均等部(室)が行った是正指導件数は、4,458件でした。
 

吉平光作のメンタル・リフォーム戦略 ボディタッチは厳禁! ~セクハラで全てを失う~

 

令和モテオ
令和モテオ
私は20~30代頃、同僚の女性社員の肩などにボディタッチをすることは普通にしていた。
しかし、今は女性には一切「ボディタッチ」しないようにしている。
一切触らない、それを50代男性は厳守することが大事。

 
確かに「ボディタッチ」は、恋愛テクニックの一つとして有名です。
しかし、男性から女性への「ボディタッチ」と、女性から男性への「ボディタッチ」では意味合いや効果に違いがありますし、男性といってもイケメンからの「ボディタッチ」と、ブサメンから「ボディタッチ」や、20代の男性が50代の女性に「ボディタッチ」するのと、50代男性が20代女性に「ボディタッチ」するのでは、意味合いや効果に違いが出るものです。

つまり、「ボディタッチ」は許される人と許されない人がする方される方にあるということです。
そこで考えないといけないのが、自分が50代以上の男性という事実です。
 

50代男性は女性への「ボディタッチ」は許されるのか?
答えは「許されない」です。

相手が高齢者女性で、手助けするような目的の場合は別です。
それ以外で、50代以上男性が女性へ「ボディタッチ」することは許されません。
今はそういう時代です。
 

ところが、昭和から令和で「ボディタッチ」への認識が大きく様変わりしたことを理解していない50代以上の男性が大勢います。
私の職場で1年ほど前に実際に起こったことです。

Aさんとします。
Aさんは70代男性で、パートで週に3回ほど雑用の仕事で働いていました。
結論から言うと、このAさんは解雇されました。
表向きは自主退職(温情で)になっていましたが、実情は「セクハラ」でした。

具体的には、Aさんは複数の女性社員に対して、お尻を触るなどの「セクハラ」行為を繰り返していたのです。
女性社員からの訴えがあり、Aさんがその事実を認めた結果、解雇処分(自主退職)になりました。

私はAさんと仕事上の交流がありましたが、人柄は至って普通の人でしたので、事実を知って驚きましたが、同時に『ああ、昭和の感覚が抜け切らない時代遅れの人だったんだな』と納得しました。
昭和時代、自分が現役バリバリだった頃は、日常的にやっていたのでしょう。
その結果、時代が令和になりもう許されない時代になったにも関わらず、その時代の流れについていけず昔のやり方をしてしまった。
それが、職を失うという最悪の結果になってしまいました。
しかし、セクハラをされた女性はもっと嫌な思い、辛い思いをしたわけですから、自業自得とも言えます。

このAさんのような中高年は多くいます。
時代は変わった、という事実を胸に刻まないといけません。
 

挨拶のつもりで肩に触れ、『おはよう!』『おお久しぶり、元気?』、アウトです。
呼び止める目的肩に触れ、『ちょっと待って!』『こっち来て!』、アウトです。
目的がどうであれ、女性の体に触れるのは全てアウトだと認識しましょう。
 

また、セクハラ以前に50代以上の男性が女性へ「ボディタッチ」することは避けるべきです。
自分が20代のイケメン男性ならいいですが、50代のモテない男性が女性に「ボディタッチ」することは、高確率で嫌われる結果になるからです。

女性に嫌われ、さらにセクハラで職まで失う。
最悪の結末です。
50代男性にとって「ボディタッチ」は、それだけハイリスクな行為だということを知りましょう。
 

50代男性は、今後一切女性の体に触れてはいけません!

 

メンタル・リフォーム戦略

ボディタッチは厳禁! セクハラで全てを失う

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】