服装

特定のブランドに固定する「ブランド・デシジョン」でファッションセンスをカバーする

特定のブランドに固定する「ブランド・デシジョン」でファッションセンスをカバーする

ファッションに自信がない、苦手という50代男性の声を聞くと、「センス」について自信がないことがよく分かります。

確かに世の中には、類稀な個性的なファッションをする人がいて、そういう人は独特の感性、独創的なセンスがあります。
しかし、そんなハイセンスな人はごく一握りで、大多数は普通の感覚の持ち主です。

特別なセンスがなくても平均点以上のファッションができる方法があります。
それがブランドを固定することです。

@オシャレになるにはセオリーを覚えないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
特定のブランドに固定するってどういうことだ?
令和モテオ
令和モテオ
あれもこれもとブランドをはしごするより、特定のブランドに決めてしまうということだ。
そうすることで、ファッションについてあれこれ悩んだり、手間や時間をかけることなく、平均点以上のファッションをすることができるようになる。
ファッションに自信がない初心者には、メリットが多い。
令和モテオ
令和モテオ
人気のトップブランドは、多くの人から支持されているだけあって、ある一定レベルのデザイン性を保有しているので、そのブランドのファッションを取り入れるだけで、センス関係なしに一定の水準になることができる。
これが「センスよりセオリー」の一つの具体例だ。

 

ブランド・デシジョンとは?

「ブランド・デシジョン(brand decision)」とは、私の造語です。
直訳すれば、「ブランド決定」ということです。

着る服などを1つのブランドに固定することで、オシャレに関しての手間や労力を省き、センスに左右されないファッションをできるようにすることです。

ファッションにセンスは必要ない。セオリーが分かればオシャレになれる
100点を目指すのではなく80点を目指せ
これが当ブログのファッションポリシーです。

「センス」より「セオリー」、ファッションにおいてそれを理解することが50代男性には必要で、「ブランド・デシジョン」はそのセオリーの1つです。
 

吉平光作の実際の「ブランド・デシジョン」を公開

スポーツウエア

私の趣味の1つがスポーツをすること。
ですから当然、スポーツウエアが必要になります。
しかしながら、スポーツブランドは数多くあります。

NIKE(ナイキ)、adidas(アディダス)、Kappa(カッパ)、ROXY(ロキシー)、UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)、NEWBALANCE(ニューバランス)、PUMA(プーマ)、Champion(チャンピオン)、CONVERSE(コンバース)、ZETT(ゼット)、YONEX(ヨネックス)、Reebok(リーボック)、ASICS(アシックス)、MIZUNO(ミズノ)、THE NORTH FACE(ノースフェイス)、OAKLEY(オークリー)、DESCENTE(デサント)
等々

ではどのブランドのスポーツウエアにすればいいのか?
選び方としては、1つは自分が好きなブランドにすることですが、特に好きなブランドがない人はブランド選びに困るでしょう。
そこで登場するのが「ブランド・デシジョン」という手法です。

私はスポーツ関連のファッションに関しては、NIKE(ナイキ)に「ブランド・デシジョン」しています。

NIKE(ナイキ)
▲吉平光作のNIKE(ナイキ)のスニーカーの一部

 

スポーツメーカーに関する調査結果

2018年度 スポーツメーカー売上ランキング

1位 NIKE 約3兆9,308億円
2位 adidas 約2兆8,644億円
3位 PUMA 約5,582億円
4位 Under Armour 約5,573億円
5位 アシックス 約4,001億円

http://www.apparel-mag.com/sbm/article/financial/1576

 

NIKE(ナイキ)

NIKE(ナイキ)
https://www.nike.com/jp/

2018年度の売上でダントツの世界1位、それがNIKE(ナイキ)です。
世界規模で、連結売上高3兆円を唯一超える圧倒的なナンバーワンスポーツブランドです。

「革命性を重んじる」、それがNIKE(ナイキ)の文化。
常に革新的な商品を発表するNIKE(ナイキ)は、商品のデザインだけでなくブランドとしての価値も上昇し続けています。

私のスポーツウエアの「ブランド・デシジョン」はNIKE(ナイキ)ですが、他のブランドでも全く構いません。
adidas(アディダス)でもPUMA(プーマ)でもASICS(アシックス)でも、いずれにしても自分が好きなブランドを1つ選ぶことです。
それが「ブランド・デシジョン」です。
私はNIKE(ナイキ)の商品のデザインが好きなので、NIKE(ナイキ)にしました。
 

ビジネスシューズ

スーツ時に履く革靴ですが、若い頃は買う都度違うブランドの革靴を買っていましたが、かれこれこの10年以上は1つのブランドに決めています。
それがリーガル(REGAL) です。

リーガル(REGAL)
▲吉平光作が最も最近(1年半ほど前)に購入したリーガル(REGAL)のビジネスシューズ。購入後すぐに撮影した写真。

普段使いのビジネスシューズとして、リーガル(REGAL)のストレートチップを愛用しています。
そもそも私が何故ビジネスシューズの「ブランド・デシジョン」をリーガル(REGAL)に決めたかというと、私は足の裏の皮が弱いのか、長時間革靴で歩くと高確率で足裏にマメができてしまっていました。
それは複数のブランドの革靴で同じだったのですが、あるときにリーガル(REGAL)のストレートチップを購入し、間もなく長時間歩いたときに全然マメができなかったことが理由です(後述の「グッドイヤー・ウエルト式製法」が理由かもしれません)。
それ以降は、リーガル(REGAL)の革靴しか買わないようになりました。

普段使いのビジネスシューズで、10万円以上もするハイコストの革靴を買う必要はありません。
履き心地、デザイン性、価格、トータルしたコスパを考えると、リーガル(REGAL)の革靴はとても優秀です。
 

リーガル(REGAL)

リーガル(REGAL)
https://www.regalshoes.jp/shop/default.aspx

ビジネスマンより厚い信頼を得ている、シンプルでベーシックなビジネスシューズブランドです。
リーガル(REGAL)の多くの革靴には「グッドイヤー・ウエルト式製法」が採用されていて、この製法の特徴は長時間歩いても疲れにくいというメリットがあります。
履きはじめは堅い印象ですが、履いているうちに足裏の形にフィットしていきます。

コストパフォーマンスが高く、さらにデザインやカラーのバリエーションが豊富なので、初心者でも自分の好みに合ったビジネスシューズが見つかるオススメの定番シューズブランドです。
 

吉平光作のファッション・リフォーム戦略 ブランド・デシジョン ~特定のブランドに固定してセンスをカバー~

令和モテオ
令和モテオ
「ブランド・デシジョン」は、ファッションセンスに自信がない50代の男にオススメの方法。
人気ブランドであれば、サイズと色使いさえ間違えなければ平均点以上のファッションにすることが可能。

「ブランド・デシジョン」のポイントは以下の2点です。

人気ブランドから選ぶ

ブランドは本当に数多くありますのでどのブランドにするか迷うと思いますが、長年人気があるブランドにすることです。
長く人気があるブランドというのは、それだけ多くの人から評価されているということですから、自分のセンスに自信がない人は特に、「長年人気があるブランド」から決定するようにしましょう。

例えば、私の場合はスポーツウエアはNIKE(ナイキ)に「ブランド・デシジョン」していることは先述の通りですが、それはNIKE(ナイキ)の商品が単純に好きだからというのが第一理由ですが、やはり世界ナンバーワンのスポーツブランドであるということももう一つの理由です。
NIKE(ナイキ)の商品には高い商品力、ブランド力がありますから、そのブランドの力を借りるというのが「ブランド・デシジョン」の大きなメリットです。
 

コンセプト・スローガンを知る

ブランドには、それぞれのコンセプトがあります。
そのブランドのコンセプトを知り、自分の年齢やタイプなどと合うかどうか判断するようにしましょう。

NIKE(ナイキ)を例にとります。
NIKE(ナイキ)を代表するキャッチコピーと言えば、なんといっても「JUST DO IT.」でしょう。

毎日が、はじまりの日だ。

毎日が、あたらしいなにかに挑戦するための日だ。

手に入れた力を証明するための、すべてに出しきるための、理想に近づくための、チャンスだ。

プレイで自分を表現するための、そして、再びスタートするための、毎日が最高のチャンスだ。

JUST DO IT.

引用元:https://www.nike.com/

この言葉の意味は、「ただやるだけ」「早くやれよ」「いいからやろう」「さっさとやれ」「やるしかない」「躊躇するな」などとなります。

他にもNIKE(ナイキ)のキャッチコピーは幾つもあります。
「There is no finish line.(ゴールはない)」「limits like fears are often just an illusion(限界はただの幻想だ)」「Someone who is busier than you is running right now.(あなたより忙しい人が今走っています)」等々。

個人的にこうした尖ったNIKE(ナイキ)の企業コンセプトが気に入っています。
どうせ1つのブランドに限定するなら、自分が感情移入できるブランドのほうが使用していてテンションが上がりますし、ブランドのパブリックイメージを自分に投影することで、自分をブランディングすることも可能になります。
 

以上2点から自分が気に入ったブランドを1つ選ぶといいでしょう。

 

ファッション・リフォーム戦略

ブランド・デシジョン 特定のブランドに固定してセンスをカバー

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】