初デート

初デートのコツ② 最も気をつけることは場所選び以上に「気遣い」の有無

初デートのコツ② 最も気をつけることは場所選び以上に「気遣い」の有無

初デートにおいて、場所選びはもちろん大切ですが、同等かそれ以上に大切なことがあります。
それが、デート時の男性の行動や態度・言動です。

@女性をよく見て気遣いするようにしないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
デートのときの行動や態度の何が大事なんだ?
令和モテオ
令和モテオ
せっかく女性が好きそうなデート場所に行ったとしても、男の行動や態度が悪いことで、『2度目はないな』と女性に切られる男が多い。
その「2度目デートのハードル」を越えるために最も重要なのが行動・態度・言動ということだ。
昭和ダサオ
昭和ダサオ
う~ん、分かったようで分からない・・・
令和モテオ
令和モテオ
詳しく説明する。

 

初デートに関する調査結果

ぐるなびが1,000人の20~30代女性に「実際にデートで行ったおでかけスポット(レストラン・飲食店以外)で一番印象がよかった場所」を質問した2016年の調査結果があります。

実際にデートで行ったおでかけスポット(レストラン・飲食店以外)で、一番印象がよかった場所【1位】遊園地・テーマパーク 15.1%
【2位】動物園・水族館・植物園 13.7%
【3位】映画館 11.0%
【4位】夜景スポット 8.2%
【5位】公園・庭園 4.0%

実際にデートで行ったおでかけスポット(レストラン・飲食店以外)で、一番印象が悪かった場所
【1位】遊園地・テーマパーク 5.2%
【2位】ショッピングモール・ショッピングビル 3.8%
【3位】映画館 2.7%
【4位】イベント・フェス・お祭り 2.3%
【5位】動物園・水族館・植物園 2.2%

https://www.enjoytokyo.jp/date/detail/1014/?__ngt__=TT0feb82880002ac1e4aecc3-Bxr_sAGzoTkGyaJuEGe9Y

印象が良かった場所と悪かった場所は、かなり共通しています。
では何が良し悪しを分けるのか?
それは、「印象が悪かった場所」の回答の中にヒントがあります。

1位:遊園地・テーマパーク
「待ち時間が長いと、イライラしたり、しんどいと話す元気がなくなってくるから(30代女性・東京都)」」
「歩き回ることも多くて、かかとに靴ずれができてしまい、デートどころじゃなくなった(30代女性・東京都)」

2位:ショッピングモール・ショッピングビル
「当てもなく、とりあえず店をグルグルする羽目になり、おしゃれをして高いヒールをはいていたので足が痛くなった(30代女性・東京都)」
「見たいものがあるたびにお互いを待たせたりして気疲れした。(30代女性・東京都)」

3位:映画館
「映画が好きではないのに、映画好きにさせてやると連れて行かれた。(30代女性・神奈川県)」

4位:イベント・フェス・お祭り
「ものすごく暑い上に人でごった返していたから(20代女性・神奈川県)」

5位:動物園・水族館・植物園
「混んでいるし、日差しがきつくて暑かった(30代女性・東京都)」

ここから分かることは、初デートの場所はだいたい決まっていて、問題は暑さや寒さや人混みなどのストレス要因に対する男性の気遣いやサポートがあるかないか、ということです。
 

吉平光作のデート戦略 初デートの最大の留意点は「気遣い」 ~女性への気配りが次につながるポイント~

令和モテオ
令和モテオ
初デートの場所選びはとても難しい。
奇を衒うことなく定番の場所を選ぼう。
場所と共に気をつけないといけないことが、次につながることを意識してスマートにエスコートすること。

 

「2度目デートのハードル」を越えよう

初デートは、女性に限らず男性も緊張するものですし、当然ミスやトラブルなど予期しないことが起こるものです。
要注意なのは、そこでの男性の行動や態度・言動がもの凄く重要になるということなのです。
初デートになんとかこぎつけたとしても、その初デートでの男性の行動や態度・言動によって、「2度目デートのハードル」を越えることなく終わってしまった経験をしたことがある男性も多くいるでしょう。

「2度目デートのハードル」は私の造語ですが、せっかく初デートできたとしても、2度目のデートができなければ初デートは無意味になってしまいます。
問題は、男性が自分の行動や態度・言動に問題があったと認識していないことです。

初デートをして、男性側が2度目を望んでいるにも関わらず2度目のデートが実現しなかった場合は、ほぼ100%男性側の行動や態度・言動に女性が「NO」の結論を出した結果だということを認識しましょう。
 

気遣いできる男性がモテる

男性はとかく初デートで「場所」を重要視します。
「行く場所」「コース」にこだわります。
しかし、女性が初デートで最重要視しているのは、実は「場所」以上に「相手」です。

この意識の違いに着目しましょう。
この意識の違いが分からないと、2度目のデートはないと思いましょう。
 

例えば、男性Aさんが女性Bさんと初デートで遊園地に行ったとします。
その遊園地はBさんも行きたかった場所だとします。
AさんはなんとかBさんを楽しませようと、多くのアトラクションを回ろうとして、女性が疲れているにも関わらず、お構いなしに次々にアトラクションを回ろうとしました。
Aさんからすると、なんとかBさんを喜ばせたい一心です。
ですが、この行動は残念ながらBさんには正確には伝わりません。
Bさんからすると、無神経で思いやりがないと映り、高確率で次はないと思ったほうがいいでしょう。

このデート後にBさんが感じたこと。
『次々にアトラクションを回らされて疲れた』
『途中喉が渇いたけど、何も飲み物を飲めなった』
『ジェットコースターを幾つも乗るより、観覧車に乗ってマッタリしたかった』
『体調などを気遣う言葉が一つもなかった』 等々

Aさん→Bさんを楽しませようと自分が面白いだろうと思ったアトラクションを数多く回ることを最優先した。
Bさん→自分の気持ちを聞いてくれたり、自分への気遣いが一切なく不満。

ポイントは、Aさんに悪気は一切なく良かれと思ってやっているので、2度目のデートが実現しなかったときに、何が悪かったか自覚できず、同じ失敗を繰り返す、つまりモテない男性のままになってしまうことです。
 

女性が疲れていると感じたら声をかけてカフェなどで休憩するようにしたり、1つのアトラクションが終わったら次はどこに行きたいか確認したり、トイレは大丈夫かなど、気遣い、気配りができると女性からのポイントが上がることになります。
そのたった一言があるかないかが、「2度目デートのハードル」を越えることができるか否かの分かれ目になります。
女性を気遣う「言葉」はとてもとても重要です。

 

つまり初デートでは、女性の様子に常に気を配っているか否かが問題になるわけです。
そういう「気遣い」をせずに、自分の価値観や判断で「手段」を最優先すると、「楽しませる」「次につなげる」という「目的」から逆に離れていくことになります。

繰り返しますが、女性が重要視している、求めているのは、男性の行動や言動です。
場所選びももちろん大切ですが、それ以上に男性の行動や言動が重要だということをしっかりと理解しましょう。

初デートでは、常に女性の様子に気を配りましょう。

 

デート戦略

初デートの最大の留意点は「気遣い」 女性への気配りが次につながるポイント

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】