服装

スーツ時のYシャツの下はベージュの「カットオフインナー」がベスト 透ける下着はNG

スーツ時のYシャツの下はベージュのカットオフインナーがベスト 透けるシャツはNG

せっかく細マッチョの体型にジャストフィットしたキレイなシルエットのオーダーでスーツを作ったにも関わらず、Yシャツの下に透けたインナーが見えると、それだけでダサいおじさんになってしまいます。
正に「画龍点晴を欠く」の典型でしょう。

@Yシャツのインナーは透けないようにしないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
そもそもインナーって何だ?
令和モテオ
令和モテオ
下着、肌着のことだ。
昭和ダサオ
昭和ダサオ
下着のことか。
だったら下着って言えよ。
Yシャツの下に着る下着が透けちゃいけないってどういうこと。
令和モテオ
令和モテオ
Yシャツの素材にもよるが、一般的なホワイトの半袖のインナーの場合、首周りの縫い目や、上着を脱いだときだと袖の縫い目が透けて見えることが多い。
それがカッコ悪いということだ。
昭和ダサオ
昭和ダサオ
そこまでこだわる必要があるのか?
令和モテオ
令和モテオ
ある!
インナーが透けて見えるのはダサい!
せっかくいいスーツを着ていても、インナーが透けていたら台無しになる。
普段からスーツを着用するビジネスマンなら、透けないインナーは必須だ。

 

欧米ではインナーは着ないが日本では必須の理由

欧米などのビジネスマンは、Yシャツの下にインナーを着ないのがノーマルスタイルだということをご存知でしょうか?
しかし、日本ではYシャツの下にはインナーを着るのがノーマルスタイル。
この違いは、何故でしょうか。
 

それは、1つの理由は環境の差です。
湿度が高い日本ではYシャツだけでは、汗がそのままYシャツについてしまい不潔は印象になるからです。
Yシャツが汗でぴったり肌に付いた男性がモテるわけがありません。
 

もう1つの理由は、日本人女性は男性の乳首が透けるのを嫌うからです。
これはYシャツの下のインナーに限らず、Tシャツなどでも乳首が透けて見えるのを嫌います。
これを「乳首ポコ」問題と呼ばれています。

以上2点から、日本ではYシャツ下のインナーは必須です。
 

男性の夏の身だしなみに関する調査結果

楽天オーネットが、全国の独身女性(20歳~34歳)1605人に「異性の夏の身だしなみでこれはNG」という質問をした2019年の調査結果があります。

Q.異性の夏の身だしなみでこれはNG

1位:「乳首が目立つシャツ」(58.0%)
2位:「汗が目立つシャツ」(25.5%)
3位:「ピチピチTシャツ」(21.7%)
4位:「素肌にワイシャツ」(19.4%)
5位:「香水の強い香り」(16.6%)

https://dime.jp/genre/750059/

1位はダントツで「乳首が目立つシャツ」で約6割の女性がNGとしています。
そして、4位に「素肌にワイシャツ」もランクインしています。
やはり、乳首が目立つようなファッションは女性が嫌っていることが、この調査からよく分かります。
 

吉平光作のファッション・リフォーム戦略 スーツ時のYシャツの下はベージュのカットオフインナーがベスト ~透けるシャツはNG~

令和モテオ
令和モテオ
私は何十年も前からスーツ着用の際のインナーにはグンゼのベージュ色の「YG」を愛用していたが、ある時期から「カットオフ」が発売されるようになり、「カットオフ」に切り替えて今現在愛用している。

スーツ時のYシャツの下はインナーを着るのはマスト。
しかし、インナーなら何でもいいわけではなく、タブーのインナーもあります。
スーツ時のインナー選びで避けたいタブーは以下の4点。

・柄物やデザインモノで柄やデザインが透けて見えるインナー
・赤や黒など濃い色のモノで透けて見えるインナー
・襟首と袖の縫い目が透けて見えるインナー
・Yシャツの第一ボタンを開けて外からは見える丸首インナー

 

・柄物やデザインモノで柄やデザインが透けて見えるインナー

イラストや写真などがプリントされているような柄やデザインが透けて見えるインナーは、ビジネスではNGなのは常識です。
 

・赤や黒など濃い色のモノで透けて見えるインナー

濃い色のインナーも透けて見えるのでNGです。
 

・襟首と袖の縫い目が透けて見えるインナー

襟首と袖の縫い目が透けて見えるインナー

一般的なホワイトのインナーシャツは、襟首と袖部分は他の部分より分厚くなっているため、Yシャツから透けて見えてしまいがちです。
 

・シャツの第一ボタンを開けて外からは見える丸首インナー

Yシャツの第一ボタンを開けると、一般的な丸首インナーの場合、そのインナーシャツが見えてしまう場合がありますので要注意です。
 

そこでスーツ時のYシャツ下のインナー選びでオススメのポイントは以下の4点です。

・カットオフインナーにする
・色はベーシュがベスト
・Vネックにする
・5枚用意する

 

・カットオフインナーにする

「カットオフインナー」をご存知でしょうか?
「カットオフインナー」とは、襟、袖、裾の縫い目がなく、切りっぱなしになっているインナーのことです。
縫い目がないため、Yシャツの下に着てもインナーが透けて見えないという特徴があります。

私はもう何年も、スーツ時のYシャツ下のインナーは「カットオフインナー」しか着ていません。

代表的なブランドとしては、グンゼの「YGカットオフ」とユニクロの「エアリズム」があります。
どちらもスペックは大差ないので、どちらでも大丈夫です。

グンゼの「YGカットオフ」
↑吉平光作が使用しているグンゼの「YGカットオフ」
左のベージュはビジネス時に使用、右のグレーはOFFのときのシャツのインナーとして使用しています。

私はユニクロの「エアリズム」とグンゼの「YGカットオフ」両方共に使っています。

 

・色はベーシュがベスト

色は白、グレー、ベーシュなど数種類ありますが、ベーシュがオススメです。
何故なら、ベージュは肌の色に近いのでYシャツから透けにくいからです。
 

Vネックにする

「カットオフインナー」はVネックになっているので、Yシャツの第一ボタンを開けてもインナーが外からは見えないので、Vネックなら夏場のクールビズでも問題なく使えるメリットもあります。
 

・5枚用意する

一般的に週5勤務の人の場合、5枚あれば洗濯を急がなくても1週間を回せるので、5枚揃えるのがベストでしょう。
 

スーツ時のYシャツ下のインナー選びの最大のポイントは、いかに目立たないモノを選ぶかです。
インナーは機能性を重視しましょう。
そこでオススメなのが「カットオフインナー」です。
まだ一度も着用したことがない人は、是非使ってみて下さい。
きっと手放せなくなるアイテムになるでしょう。

 

ファッション・リフォーム戦略

スーツ時のYシャツの下はベージュのカットオフインナーがベスト 透けるシャツはNG

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】