恋愛テクニック

ドア・イン・ザ・フェイス 【恋愛テクニック】

ドア・イン・ザ・フェイス

心理学を利用した恋愛テクニック。

「ドア・イン・ザ・フェイス」です。

ドア・イン・ザ・フェイスとは?

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは、要求する水準の落差を利用した交渉術のことです。
別名「譲歩的要請法」ともよばれます。
この名称は、セールスマンが訪問先でまず相手に拒否させるために、ドアが開いたらいきなり顔を突っ込む動作に由来しています。

最初に難度の高い要求をして相手に一旦拒否させておき、それから段々と要求の水準を下げていき、最終的にこちらの本来の要求を承諾するよう相手を誘導する心理テニックです。

「ドア・イン・ザ・フェイス」が何故効果的かというと、人は誰かの要求を拒否すると断ってしまった後ろめたさを感じることがあるからで、意図的にこちらの要求を1度から数回程度相手に断らせることにより、そのお返しとして相手が承諾してしまうような流れをつくりだすテクニックです。
「譲歩の返報性」とも言えます。
 

ドア・イン・ザ・フェイスの実験結果

アメリカ・アリゾナ州立大学教授のロバート・チャルディーニが行なった1975年の実験があります。

大学生に「1日だけでいいので子供たちを動物園に連れてってくれないか」と頼みごとをしました。
そ野結果、承諾してくれた学生はわずか17%でした。

次に違う大学生に「これから2年間毎週2時間ずつ青年カウンセリング・プログラムに参加してくれないか?」と頼みます。
断った学生に次に「1日だけでいいので子供たちを動物園に連れてってくれないか」と頼みました。
その結果、承諾してくれた学生は50%でした。

「ドア・イン・ザ・フェイス」を利用することで、承諾率がなんと約3倍に増えています。
 

ドア・イン・ザ・フェイスの恋愛での具体例・実践例

「ドア・イン・ザ・フェイス」は、最初に大きな要求を出し相手に断わらせておいて本来の要求を承諾させるテクニックです。
これを恋愛で活用するならやはりデートに誘う際に使えるでしょう。

男性『今度の休みに温泉旅行に行かない?』
女性『いや~旅行はちょっと・・・』
男性『そうだよね、じゃあこの近くに評判のイタリアンの店ができたんだけどランチはどう?』
女性『ランチなら行ってもいいよ』
 

男性『これから飲みに行かない?』
女性『えー今日は予定があるし無理』
男性『そうだよね、いきなりは無理だよね、じゃあ週末の金曜日か土曜日はどう?』
女性『金曜日なら今のところ予定がないから行ってもいいよ』
 

最初にまず間違いなく断られる大きな要求をして断らせておいてから、本来の目的の「デート」を承諾させるようにします。
女性から嫌われていたり、女性が彼氏がいない限り、最初の要求を断ることで女性が罪悪感を感じているときに、女性に時間を作れそうな選択権を与えることで、女性が要求を承諾しやすくします。
 

ドア・イン・ザ・フェイスの注意点

「ドア・イン・ザ・フェイス」は、最初に断られる前提の大きな要求をするわけですが、相手の女性に嫌な思いをさせるのはNGです。

例えば、「デート」に行くことが目的の場合として、最初にいきなり『ホテルに行かない?』と言ったらどうでしょうか?
男性のキャラクターやその場の雰囲気も関係してきますが、ほとんどの女性は言った男性に嫌悪感を持つでしょう。
最初の要求で女性に嫌な思いをさせてしまったら、いくら次に小さな要求をしても断られてしまうことになりますので要注意です。
 

最初の要求と次の要求に関連性がないのもNGです。

例えば、「デート」に行くことが目的の場合として、最初に『月末で金欠なんだけど5万円貸してくれない?』と言って、断わられたら次に『じゃあデートに行かない?』と言ったらどうでしょうか?
女性は『はあ?』となります。
前後に全く関連性がない要求をしても、本来の要求を承諾してもらえることにはつながりません。
 

ドア・イン・ザ・フェイスのまとめ

令和モテオ
令和モテオ
私は意図的に「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」を使うことはないが、交渉テクニックとしてとても有効なテクニックであることは間違いない。

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」は、「返報性の原理」を応用したものですが、実は「コントラストの原理」という心理的作用も利用しています。
「コントラストの原理」とは、2番目(2番目以降)に提示されるものが最初に提示されるものと大きく違う場合、それが実際以上に最初のものと違って見えてしまう、という心理的傾向ことです。
 

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」を恋愛テクニックとして使いこなすためのポイントは、相手が断って悪いなという多少の罪悪感を抱かせるような要求を最初にするようにすることです。
その結果「譲歩の返報性」が働き、さらに「それくらいなら」という「コントラストの原理」をうまく働かせることです。

 

くれぐれも、最初の断られる前提の大きな要求で、女性に不快感を持たれないようにしましょう。
最初に嫌な思いをさせたら、ほぼ間違いなく失敗に終わります。

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】