恋愛テクニック

ゲイン・ロス効果 【恋愛テクニック】

ゲインロス効果

心理学を利用した恋愛テクニック。

「ゲインロス効果」です。

ゲインロス効果とは?

「ゲインロス効果」とは、ゲインは利益(プラス)、ロスは損失(マイナス)を指していますので、プラスとマイナスの変化が大きければ大きいほど、人の心理に強い影響を与える効果があるということです。

「ギャップ」と言い換えてもいいかもしれません。

初対面でもの凄く印象が悪かったにも関わらず、接するうちにとても良い面を何度も見て、印象や評価が劇的に変わり、好感や好意を持つというケースはよくあることで、これが「ゲインロス効果」です。
つまり、逆の行動をすると前者より後者のほうが印象づけられるということです。
 

ゲインロス効果の実験結果

アメリカの心理学者エィオット・アロンソンダーウィン・リンダーが1965年に行なった実験結果があります。 Aronson & Linder (1965)

被験者のミネソタ大学の女子学生に対して、男性(サクラ)と1対1で面談を行い言語条件付けのアシスタントをお願いします。
面談後、女子学生は男性からの評価を聞かされます。
評価は「-10~+10」の数値で、評価の点数は最初から決まっています。
この男性からの評価は合計7回行なわれ、最後に自分の魅力度を評価した男性を、実験を通してどのくらい好意的に感じたかを「-10~+10」で女子学生が評価しました。

男性が行なった女子学生への評価の変化の仕方は4種類です。

(1)高評価→高評価
(2)低評価→低評価
(3)高評価→低評価
(4)低評価→高評価
の4パターンです。

女性学生の男性への評価は以下の通りです。

(4)低評価→高評価 +7.67
(1)高評価→高評価 +6.42
(2)低評価→低評価 +2.52
(3)高評価→低評価 +0.87

https://psycnet.apa.org/record/1965-14921-001

この結果から、普通に考えるならば初めから一貫して高評価している「高評価→高評価」が、最も評価が高くなるように思いますが、最初は低評価(マイナス)でだんだんと高評価(プラス)になるほうが評価が高くなるということです。
 

ゲインロス効果の恋愛での具体例・実践例

「ゲインロス効果」は恋愛面では「ギャップ萌え」が挙げられるでしょう。
意識的にギャップを演出することです。

例えば、自分が体がゴツくて怖そうな印象を持たれる外見の人は、笑顔や優しい一面をあえて見せることでギャップによって相手に好印象を持たれるようになる可能性があります。
逆に外見が華奢で弱弱しい印象の外見に人は、実は決断力やリーダーシップがある一面があると、ギャップによって相手に好印象を持たれるようになる可能性があります。

つまり、相手に持たれる印象の逆の自分を演出する、それが「ギャップ萌え」効果です。

・異性関係がだらしない印象なのに、実は女性に一途だった
・恐い外見なのに、子どもに優しかった
・無口でおとなしい感じなのに、危険なアウトドアや激しいスポーツが趣味だった 等々。
 

ツンデレ」も「ゲインロス効果」でしょう。
普段人前ではツンツンしているにも関わらず、2人だけになるとデレる。
いつでもどこでもツンではなく要所要所でデレを入れると、相手に強い影響を与えることができます。

 

ゲインロス効果の注意点

「ゲインロス効果」の最大の注意点は、プラスとマイナスの幅はあまりにも大きくし過ぎないことです。
確かに心理面において、プラスとマイナスの変化が大きければ大きいほど、強い影響を与える効果があるのは事実ですが、こと恋愛に関しては、あまりにも落差が大き過ぎるとインパクトを与えることはできても、好意や恋愛感情を持ってもらうには逆効果になりかねません。

例えば、普段仕事ではスーツでばっちり決めている50代男性の私服姿を初めて見たら、10代の少年のようなヒップホップスタイルだったらどうでしょうか?
あまりの落差にほとんどの女性は引くでしょう。

第一印象が「無口」で「クール」だと思ったら、話してみたら下ネタばかりでガッカリされた。

落差が大きいと相手の心理面に強い影響を与えることはできますが、女性に好意や恋愛感情を持ってもらうためには、常識やマナーの範囲内でギャップを演出する必要があるということです。

また、あまりにも落差が大き過ぎてわざとらしくならないようにすることも大事です。
 

もう一つ注意したいことは、マイナスの印象は最初だけにするということです。
最初の印象が悪く、その後プラスの印象を与えたかと思ったら、またマイナスの印象を与える。
このプラスとマイナスを交互に繰り返すと、いつまで経ってもプラスに印象を相手に与えることができませんので、最初に印象が悪かったから、その逆のプラスの印象を与えるように努力するようにしましょう。
 

ゲインロス効果のまとめ

「ゲインロス効果」を恋愛面で活用するためには、なんといっても「ギャップ萌え」です。
この効果を最大限にするためには、最初から自分のいい面(プラス)を見せ過ぎない、アピールし過ぎないことです。

最初からプラスばかりをアピールすると後は下がるだけですから、ギャップを作り出すことができません。
ですから、気になる女性がいる場合でも、最初からグイグイ行き過ぎないようにしましょう。
どうしても男性は、女性に自分の良い点をアピールしたくなるものですが、最初は自分を抑えプラス面を強調するのはやめましょう。
 

「ゲインロス効果」は、逆の行動をすると前者より後者のほうが印象づけられるということですから、意識的ではなく偶発的に初対面で相手に悪い印象を与えてしまった場合、それを逆手にとってその後にプラスの印象を与えて相手に強い印象を与えるという使い方もできます。
いずれにしても、大切なのは「マイナス→プラス」の順番を厳守すること
です。
 

令和モテオ
令和モテオ
私が女性にモテる理由の一つがこの「ゲインロス効果」。
顔面偏差値35なので初対面の印象は常に良くないので、ギャップが発生し易い。
問題はプラス面があるかないか、なければマイナスのままで終わるが、プラス面があれば自動的に「ゲインロス効果」が発動することになる。
そういう点では、顔に自信がない人はいかに「ゲインロス効果」を活用するかを考えることが大事になる。

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】