メンタルリフォーム

「レディーファースト」をさりげなく自然にできる50代男性がモテる 

「レディーファースト」をさりげなく自然にできる50代男性がモテる

令和時代にモテる男性のキーワードは「紳士的」です。
逆にモテない男性の共通項は、「不潔」「高慢」「感情的」「ダサい」「クサイ」等々。

20代男性に余裕がないのは許されますが、50代になっても余裕がない男性は評価が低くなるのは当然です。
紳士的な50代男性になるためにポイントになるのが「レディーファースト」です。

そして「レディーファースト」には2種類あることを知りましょう。

@レディーファーストができるようにならないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
レディーファーストかあ・・・
考えたこともないな。
つまりあれだよな、建物に入るときに女を先に入れたりすることだろ?
面倒だなあ~。
令和モテオ
令和モテオ
その面倒なことを自然にできる男がモテるんだよ。
モテと非モテの差は、その「面倒」なことをできるか否かだ。

 

レディーファーストとは?

「レディーファースト」を辞書で調べると次にように書いてあります。

レディー‐ファースト(ladies first)
女性を優先させる欧米の習慣・礼儀。

デジタル大辞泉

レディーファースト
女性を優先する欧米のエチケット。女性優先。

大辞林 第三版

「レディーファースト」とは、男性が女性を優先して丁寧に扱う、欧米で主に行なわれているマナーのことです。
 

レディーファーストの調査

調査結果①

マイナビウーマンが、22~34歳の働く女性289人に「レディーファースト」について質問した2014年の調査結果があります。

女性がスマートだと思ったレディーファースト

・さり気なく車道側を歩いてくれた
・エレベーターのドアを押さえてくれた
・重い荷物を運んでくれた
・マンションの前で先に車から降ろしてくれる
・エスカレーターで下側に立ってくれる
・車のドアを開けてくれる
・椅子を引いてくれる
・ソファー席に座らせてくれる
・ドアを開けて先に通らせてくれた
・上着を肩にかけてくれる
・知らない間にお会計を済ませてくれた

https://woman.mynavi.jp/article/141205-13/

 

調査結果②

愛カツが、2,195人の女性に「レディーファースト」について質問した2019年の調査結果があります。

男性にしてほしい「レディーファースト」って?

重い荷物を持ってくれる 591人(26%)
重い扉を開けてくれる 245人(11%)
エスカレーターで下にいてくれる 178人(8%)
デート中に休憩(トイレ)を適宜入れてくれる 206人(9%)
レストランで注文をしてくれる 167人(7%)
長い距離を歩かせない 138人(6%)
車道側を歩いてくれる 360人(16%)
エレベーターの扉を抑えてくれる 105人(4%)
コート(上着)をかけてくれる 124人(5%)
レストランで椅子を引いてくれる 81人(3%)

https://aikatu.jp/archives/question/%e3%80%90%e5%a5%b3%e6%80%a7%e9%99%90%e5%ae%9a%e3%80%91%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bb%e3%81%97%e3%81%84%e3%80%8c%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc?answer=view

 

吉平光作のメンタル・リフォーム戦略 真の「レディーファースト」ができるようになろう ~レディーファーストには2つある~

令和モテオ
令和モテオ
日本ではいまだに「レディーファースト」ができない男、「レディーファースト」を勘違いしている男が大勢いる。
いい加減、「レディーファースト」をさりげなく自然にできる男になろう。

欧米では、女性に対するマナーとして定着している「レディーファースト」。
「紳士たるもの女性を丁重に扱うべき」という欧米の古き良き習慣ですが、日本においてはいまだに男性優位、男性上位の価値観が色濃く残っていて、特に中高年男性で「レディーファースト」をさりげなくできる粋な男性は極少数というのが実情です。
 

レディーファーストをする際の注意点

「レディーファースト」はやればいいというわけではありません。
やり方によっては女性から迷惑がられたり、嫌われることにもなりかねません。

恋愛・婚活マッチングサービス「pairs(ペアーズ)」が、男性の気遣いについて質問した2017年の調査結果があります。

Q.男性の気遣いで「困った経験」はありますか?

■はい :59.7%
■いいえ:40.3%

https://cancam.jp/archives/175872

男性の気遣いで「困った経験」があると回答した女性が6割もいました。
さらに、どのような気遣いに困った経験があるのかを質問したところ、次のような意見がありました。

1.過剰なレディファースト

・「公園でひと休みするときに、ベンチにハンカチを敷いてくれたこと。ちょっぴり引きました」(35~39歳・看護師・大分)
・「映画デートのとき、ブランケットを持参してきて貸してくれた男性。せっかくなのでお借りしましたが、館内でも借りられるし、そんなに冷え性でもないんです……」(25~29歳・福祉/介護・山梨)
・「必要以上の気遣いには困っちゃいます。例えば階段を降りるときに『足元、気をつけてね』といちいち言われるなど。階段くらい普通に降りられます」(25~29歳・接客業・北海道)
・「座るときにイスを引かれたり、マフラーをかけられたり。“いかにもレディファースト”な行動をされるとちょっと恥ずかしくて戸惑いますね」(30~34歳・調理師/栄養士・埼玉)

本来はうれしいはずのレディファーストも、度を超えた対応は困惑してしまうという意見が多く見られました。
レディファーストに慣れていないから戸惑ってしまった女性も少なくないとは思いますが、男性が思う「女性が喜ぶこと」と女性が求めているものには、ズレがあるようですね。

この意見は男性にとって、とても参考になります。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。
やり過ぎの「レディーファースト」、不自然な「レディーファースト」は要注意です。

モテる男性は、とても自然に「レディーファースト」をします。
どこまでも、「自然に」「さりげなく」が大切です。
 

もう1つの注意点が、女性全てに同じように「レディーファースト」することです。
自分が好意を持っている女性には「レディーファースト」するが、自分のタイプではない、なんとも思っていない女性には何もしない男性は、自分が好意を持っている女性からも嫌われます。
 

レディーファーストには2種類ある

「レディーファースト」と一口に言いますが、「レディーファースト」には2種類あることを知りましょう。

第1段階:マナーとしての「レディーファースト」

「レディーファースト」は、本来欧米でのマナー、エチケットとして習慣化されたものです。
極論すれば、「形だけ」でいいわけです。

しかし、日本では「レディーファースト」は、男性が女性に行なうべきマナーにはなっていません。
ですから、形だけの「レディーファースト」をまず第1段階として、自然にできるようになりましょう。
 

第2段階:敬意としての「レディーファースト」

第1段階のマナーとしての「レディーファースト」ができるようになったら、次の段階である「真のレディーファースト」ができるようになりましょう。

「真のレディーファースト」とは、女性に敬意を払う「心からのレディーファースト」です。

「形だけのレディーファースト」と、「心がこもったレディーファースト」とは、似て非なるものです。
そして、当の「レディーファースト」を受ける女性は、その「レディーファースト」が単に形だけなのか、心からのものなのか感じるものなのです。

モテテクニックとして「レディーファースト」をするのではなく、女性に敬意を払って相手を尊重して「レディーファースト」をすることが大事です。

女性を見下している男性は、令和の時代はモテません。
そればかりが嫌われます。
令和の時代にモテる男性は、女性を尊敬する男性です。

自然に、さりげなく「レディーファースト」できるようになりましょう。

 

メンタル・リフォーム戦略

真の「レディーファースト」ができるようになろう レディーファーストには2つある

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】