メンタルリフォーム

女性には何があっても手を上げてはいけない! 「DV」は絶対NG!

女性には何があっても手を出してはいけない! 「DV」は絶対NG!

「ドメスティック・バイオレンス」という言葉は、それほど古くある言葉ではなく、日本においてDVを防止するための法律である「DV防止法」が成立したのは2001年と比較的最近のことです。

男性が女性に暴力をふるう、最低の行為です。

※この記事では「DV」を「男女間暴力」として話を進めます。

@女性には絶対に手を上げないようにしないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
オレも最近は手を上げないようになったが、若い頃は何度か彼女に手を上げたことがあるな。
令和モテオ
令和モテオ
過去のことだな。
令和の今、女性に暴力をふるうのは絶対NGだ。
もちろん分かっているよな?
昭和ダサオ
昭和ダサオ
ああ、さすがに分かっている。
令和モテオ
令和モテオ
OK!よかった。

 

DVとは?

DVとは、正式には「ドメスティック・バイオレンス(domestic violence)」と言います。
「配偶者暴力」「夫婦間暴力」のことです。

日本では一般的に、夫婦関係の中で生じる暴力行為を指しますが、近年ではDVの概念が広がり、婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など親密なカップル関係で起こる暴力全般を指す場合もありますし、さらに拡大解釈され、男女に関わらず家庭内暴力全般を指す場合もあります。
しかし厳密には、「DV=夫婦間暴力」というのが一般的で、児童虐待をDVに含めるのは間違いです。

身体的暴力だけでなく、心理的暴力、経済的暴力、性的暴力も含みます。
 

DVに関する調査結果

内閣府男女共同参画局が3年に1度、「男女間における暴力に関する調査」を実施しています。
平成29年度調査結果です。

Q.配偶者からの被害経験の有無

何度もあった 13.8%
1・2度あった 17.5%
まったくない 66.9%
無回答 1.8%

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/pdf/h29danjokan-gaiyo.pdf

女性の約3人に1人が配偶者男性から暴力を受けたことがあり、女性の約7人に1人は何度も暴力を受けているという結果になりました。
 

吉平光作のメンタル・リフォーム戦略 女性には何があっても手を出さない ~DVは絶対NG!~

令和モテオ
令和モテオ
私は今まで生きてきた50余年、女性に手を出したこと(暴力をふるったこと)は一度もない。
何故なら、強い者が弱い者に対して不当な力を行使することは「卑怯」なことだと認識しているから。
だから私は、どんなに腹が立ったとしても女性に手を上げない。

DVの背景には何があるのでしょうか?
内閣府男女共同参画局のドメスティック・バイオレンスについての概要説明には、次のように書かれています。

加害者のタイプ
暴力を振るう加害者については、一定のタイプはなく、年齢、学歴、職種、年収に関係がないといわれます。人当たりが良く、社会的信用もあり、周囲の人からは「家で妻に対して暴力を振るっているとは想像できない」と思われている人もいます。
加害者の中には、家庭という密室の中でのみ暴力を振るう人もいますが、普段から誰に対しても暴力的で、見知らぬ人に対しても言いがかりをつけて暴力を振るう人もいます。
また、アルコール依存や薬物依存、精神障害等が関連して暴力を振るっていると考えられる人もいます。加害者が暴力を振るう理由は様々あると考えられますが、その背景には社会における男尊女卑の考え方の残存があると言われています。

引用:内閣府男女共同参画局

DVの背景には、社会における男尊女卑の考え方の残存があると解説されていますが、当然それだけではないでしょう。
女性を自分の思い通りにコントロールしたいという歪んだ願望と現実の乖離も、原因の1つと考えられます。
 

では、DVが社会問題になって久しいですが、現在DVは減っているのか増えているのか。
警視庁の発表では次のようになっています。

2018年1年間に全国の警察に寄せられた、ドメスティックバイオレンス(DV)の被害相談は前年比5027件(6.9%)増の7万7482件となり、過去最多を更新した。

https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_tyosa-jikendv

前年比6.9%増で過去最多を更新したということです。
つまり、DVは減るどころか増えているということです。
 

令和時代にモテる男性は紳士的

昭和と令和では、様々な点で価値観が激変しています。
その1つが「暴力」に対する見方です。
今50歳以上の人が子供の頃、つまり昭和の頃は、学校で教師が生徒に体罰をするのは当たり前のようにありました。
実際、私も小・中学校で教師からビンタされたことが数回ありました。
しかし、令和の今、教師の体罰は学校教育法という法律により、明確に禁止されています。

ましてや男性が感情的になり女性に暴力をふるう、こんなことが今の時代許されはずがありません。
特に女性の地位が向上している今、暴力をふるう男性が恋愛対象外になるのは当然です。
相手を自分の思い通りにしたいから暴力をふるう、明らかに間違った手段の行使です。

 

過去に女性に手を出したことがある人は、「今後は絶対に女性に手を出さない」と決意することから始めましょう。

50代男性に年下女性が求めているのは「包容力」です。
自分の思い通りにならないから、腹が立ったから、イライラしたからといって、手を出すような狭量な50代男性はモテません。
自分の感情をコントロールできないのは、未熟な証拠です。

もう時代は完全に変わりました。
粗暴・乱暴な男性が許された時代は終わっています。

令和時代にモテる50代男性は、エモーショナルではない、包容力がある紳士的な男性です。

 

メンタル・リフォーム戦略

女性には何があっても手を出さない DVは絶対NG!

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】

RELATED POST