メンタルリフォーム

「セクハラ」注意! 下ネタ・容姿・体型・年齢・男女関係などNG発言を知ろう

「セクハラ」注意! 下ネタ・容姿・体型・年齢・男女関係などNG会話を知ろう

「セクハラ」についての認識が甘い50代以上の男性が、令和の今もいまだにとても多い現実があります。
「セクハラ」には、大きく「言動」と「行動」があり、「行動」については下記の記事で詳述していますのでご参照下さい。

https://50mote.com/body-touch/

ここではもう1つの「セクハラ」である「言動」、NGになる具体的な発言内容について見ていきます。

@セクハラになる言動はやめないとね

令和モテオ
令和モテオ
ハロー!ブラザー!
昭和ダサオ
昭和ダサオ
えー!?下ネタもダメなのかよ。
オレは普通に言ってるぞ。
令和モテオ
令和モテオ
だろうな。
だからモテないんだよ。
昭和ダサオ
昭和ダサオ
うるさいよ!
令和モテオ
令和モテオ
うるさいもなにも、事実だろ?
昭和ダサオ
昭和ダサオ
事実だけど・・・
令和モテオ
令和モテオ
もう一度確認するが、モテたいんだよな?
昭和ダサオ
昭和ダサオ
モテたい!すごく!
令和モテオ
令和モテオ
だったら、今の時代に「セクハラ」に該当する言動はやめないといけない。
自分が言いたいことを言うのではなく、相手の女性が不快に感じる言動はしてはいけないということだ。
昭和ダサオ
昭和ダサオ
分かった、詳しく教えてくれ。

 

有名人のセクハラが後を絶たない

2017年、アメリカの映画界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)氏の数々の問題行動が暴かれたことがきっかけになって始まったセクハラ告発運動「#MeToo(私も)」により、ハリウッドの有名俳優や著名人の多くに性的不品行の疑いが浮上しました。
有名俳優としては、ダスティン・ホフマン(1937年生まれ)、ケビン・スペイシー(1959年生まれ)、ベン・アフレック(1972年生まれ)等々。
 

さらに2018年になりモーガン・フリーマン(1937年生まれ)が8人の女性からセクハラ被害を告発されました。
 
2019年、三大テノールとして広く知られる世界的なオペラ歌手、プラシド・ドミンゴ(1941年生まれ)が9人の女性にセクハラで告発され、その後新たに11人の女性が同様のセクハラ被害を訴えるなどし、結果的に2020年の東京五輪・パラリンピック関連文化イベントに参加予定でしたが辞退することになりました。
 

セクハラ行為の加害者として、アラフィフ以上の年齢の男性が多いことがよく分かります。
年齢と共に社会的地位、名声なども関係しているのかもしれません。

有名人の自分、権威や権力がある自分がすることだから、多少のことは許されるという傲慢な思考がそこにあるのでしょう。
そこには女性の気持ちを思いやる想像力が完全に欠落し、自分の欲望を満たすことのみになっていることが容易に分かります。
 

セクハラに関する調査結果

フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」が、サービス登録者の男女281名(登録時の段階で正社員・契約社員・派遣社員)に「セクハラ・パワハラに関する」質問をした2019年の調査結果があります。

Q.自分の周りでパワハラやセクハラで仕事を辞めた人はいるか?

いる 58.3%
いない 41.7%

●セクハラ
1位:マッサージと称して必要もないのに身体を触ること……15.7%
2位:しつこく食事やデートに誘うなど交際を迫ったり付きまとうこと……14.9%
3位:性的なからかいや冗談を言ったり、性的な噂を流したりすること……14.5%
4位:性的な内容の手紙やメールを送ったり電話をかけたりすること……14.1%
5位:過剰なボディタッチ……12.9%
6位:男女交際や性的な経験などについて尋ねること……7.2%
6位:容姿、体型、年齢などを話題にすること……7.2%
7位:裸や水着のポスターや写真などを職場に貼ったり置いたりすること……6.0%
8位:「まだ結婚しないの?」「彼(彼女)はいるの?」などとしつこく聞くこと……3.2%
9位:カラオケでのデュエットや酒席でのお酌を強要すること……2.4%
10位:女性(男性)だからと、特定の仕事を依頼すること……1.2%
その他:0.8%

https://www.fnn.jp/posts/000000244_000010591/201905101100_PRT_PRT

2019年調査で、パワハラやセクハラで退職したことがあるかの質問に全体の41.9%が「ある」と回答していますが、2018年の結果と比べて約12ポイントも増加していることが特筆されます。
これは、社会全体のセクハラに対しての認識がシビアになってきていることが影響しているものと思われます。

そして、セクハラ被害に関する具体的な内容から、どんな発言、どんな言動がNGなのかがよく分かります。
 

吉平光作のメンタル・リフォーム戦略 下ネタなど「NG発言」は厳禁 ~セクハラの境界線を知ろう~

令和モテオ
令和モテオ
私は下ネタは一切言わない。
50代以上は下ネタを一切言わないことを自分に言い聞かせたほうがいい。

セクハラの境界線は難しいです。
男性側がこれくらいは大丈夫だろうと思っていたとしても、受け取る女性側が「これはセクハラ」と感じたら、それはセクハラになります。
つまりセクハラの境界線とは、男性が悪意なく何気なく言った言葉だったとしても、女性が不快に感じたらセクハラになってしまうのです。
セクハラは、「性的」なことと「女性が嫌がる行為」と定義すれば分かりやすいでしょう。

(※セクハラは対女性だけではありませんが、当ブログでは対女性に限定しています。)
 

しかしながら、相手の女性の気持ちや解釈以前に、明らかなセクハラ発言があります。
男性としては、この「明らかなセクハラ発言」は、厳に戒めて控えるようにしましょう。
そこで、具体的なセクハラ発言とそれに伴う行動を列記しておきます。
 

セクハラになる可能性がある発言&行動

●言動
・性的内容 『彼氏とはどこまでの関係?』『過去に何人と付き合ったの?』『イライラしてるけど生理中?』『更年期?』『子供はまだなの?』『何カップ?』『セクシーだね』『可愛いね』
・恋人の有無:『彼氏いるの?』
・容姿・体型:『太った?』『スタイルいいね』『最近キレイになったね』
・年齢:『何歳?』『おばさん』『もう若くないんだから』『老けて見える』
・プライベート:『どこに住んでいるの?』『休みの日は何しているの?』

●行動
・密室に2人きりになる:可能なら入口を開けっ放しにする、出入口側に女性がいるようにすることで予防しましょう。

 
褒め言葉の『可愛いね』や、ただ会話の一つとして選んだ『休みの日は何しているの?』も、セクハラになる可能性があるのです。
ただし、相手の性格や相手との関係性などケースバイケースなので、セクハラの境界線はかなりグレーゾーンがあるのも事実です。
ですが、『休みの日は何しているの?』にしても、会話の流れで自然に聞くのと、何度も繰り返し聞くのとでは相手の受け取り方は全然違います。
 

「セクハラ」にあたるかどうかの判断については、男女の認識の大きな差や違いがあります。
そのため、男性は女性と会話する際、相手のことを第一に考えて言葉を選ぶ必要があるということです。

セクハラを避ける方法の1つとして、今後一切「下ネタ」は言わないことにすることをオススメします。
さらに、性的内容はもちろんですが、「異性関係」「年齢」「容姿」「体型」「プライベート」の5つに関しての発言は自分からはしないようにするといいでしょう。

セクハラ男は毛嫌いされますから、注意しましょう。

 

メンタル・リフォーム戦略

下ネタなど「NG発言」は厳禁 セクハラの境界線を知ろう

50代男性が女性と出会える場所

「3つのリフォーム」で「変身」したら、後は女性が多くいるコミュニティに行くだけです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、恋愛は相対評価が大きく影響するということです。
50代男性が20・30代がメインの恋愛市場に行けば、どうしても苦戦するのは目に見えています。
そこでオススメなのが、中年・中高年専門の恋愛市場に参入することです。
ここに集まる女性は中年・中高年男性に抵抗がなく、逆にその年齢層の男性を求めていますので、スムーズに理想のパートナー探しができます。

中高年が結婚を真剣に考えるなら、結婚相談所が近道です。

【楽天オーネット スーペリア】は、中高年専門の結婚相談所です。
運営元が楽天なので結婚相談所の中でも知名度は高く、業界最大級の約50,000人の会員数と、創業40年の実績を誇る結婚相手紹介サービスです。
普通は必要になる成婚料も完全無料
婚活イベント・パーティーも多く開催されていますし、専任アドバイザーが相談にのってくれるので安心です。

まずは資料請求からお試し下さい。




楽しいパーティー・イベントでたくさんのカップルが誕生しています!
中高年専門の結婚相談所【楽天オーネット スーペリア】